> > > 結婚式でおすすめのウィッグアレンジ方法

Column

お役立ちコラム

結婚式でおすすめのウィッグアレンジ方法

結婚式でおすすめのウィッグアレンジ方法

結婚式は、久しぶりに会う親族がいたり、初めてお会いする方がいたりする場なのでできるだけいい良い印象でご挨拶したいを与えたいものですよね。

また、お着物やドレスというお召し物に合わせて、ヘアスタイルもいつもより少しゴージャスに決めたいところ。

ここでは、結婚式向けにウィッグを使ったアレンジ方法をご紹介します。

自然なアレンジをすればウィッグだと分からない!

結婚式に出席するときに、いつも以上に気を付けたいのが“自然さ”です。

一目でウィッグを着用していると分からないように、自然なアレンジを心がけるといいでしょうにしたいですよね。

「それなら、一番自然に見えるようにヘアアレンジをしないで出席した方が良いのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、結婚式では洋装、和装ともにおしゃれ華やかな格好をしますので、いくら
自然とはいえヘアスタイルをアレンジしないと、ヘアスタイルだけがシンプル過ぎても逆に浮いてしまいますしまう可能性があります。

フルタイプのウィッグのアレンジ方法

フルタイプの場合、ウィッグにふんわりとカールのついたものを選ぶを付けることのをがおすすめしますです。

ボリュームを保ちやすく上品さもあるので、結婚式のためのアレンジにはピッタリです。

もともとカールが付いているものであれば、ヘアワックスやクリームを手の平に適量をのばし、カールが束になるように摘むようにして形を整えていきます。

そうすることでカールが立体的になり毛先に動きが出てくるので、それだけで華やかさが生まれます。

ショートスタイルなら和装にも洋装にもマッチし、アレンジしやすいです。

フロントタイプのウィッグのアレンジ方法

ショートスタイルであれば、和装、洋装どちらにもよく似合います。

フロントタイプの場合、今のヘアスタイルを生かした上でボリューム感やゴージャスさを出すことができます。

特にショートスタイルであれば、和装、洋装どちらにもよく似合うのでおすすめです。

「シンプルなショートカットの場合ちょっとシンプル過ぎるな……」と感じた際には、ウィッグのトップ部分を中心にヘアアイロンやカーラーなどで少しカールしてみましょう。

毛先を軽く遊ばせれば、ボリュームと華やかさを簡単に出すことができます。

ヘアワックスやクリームを使えば、髪を固めることなく立体的なヘアアレンジが可能です。

洋装に向くのがボブやロングスタイルのもの。こちらもヘアアイロンで軽く巻き髪にすると、顔回りに華やかさをだすことができます。

ポイントウィッグを使ったアレンジ方法

「手軽に華やかなヘアスタイルを自分で作りたい!」というときに使いたいおすすめなのがポイントウィッグです。

カーリーガーリーなものなら、ポニーテールやお団子ヘアといった普段のヘアスタイルに巻きつけるだけで、華やかなアップスタイルに変身。

洋装にも和装にもピッタリのヘアアレンジができます。

後頭部のあまり高い位置ではなく、後頭部の少しやや上にくらいにウィッグウィッグを巻きつけるベースを作れば、大人の落ち着きと華やかさを併せ持つスタイルになりますでしょう。

あまりにも頭の上にウィッグを巻きつけてしまうと、幼い印象を与えてしまうので注意してください。

また、襟足に付けるだけのポイントウィッグもおすすめです。

普段ショートスタイルの方でも、襟足にクルクルと巻いたポイントウィッグを長い髪の毛タイプのカールを付ければ、ゴージャスなゴージャスな巻き髪スタイルにアレンジが可能。

シンプルなドレスなどをお召しになる洋装の場合にに、ぜひおすすめしたいスタイルです。

アレンジにワックスを使おう

ウィッグのヘアアレンジにジェルやムースなどのハードタイプの整髪料は不向きです。

手櫛で髪を整えられ整えることができ、使用後の汚れ落としも楽なヘアワックスやクリームの使用をおすすめします。

また、ヘアアイロンを使ったアレンジをする場合、お使いになるウィッグがヘアアイロンなどの熱を与えても良いものかどうかを、商品説明書などで事前に確認するように注意しましょう。

今回は、ウィッグのタイプに合わせたアレンジ方法をご紹介しました。

ドレスに合わせてゴージャスにヘアアレンジを行い、誰よりもすてきな自分になりましょう!