> > > 素朴な疑問!夏に医療向けウィッグって暑くないの?

Column

お役立ちコラム

素朴な疑問!夏に医療向けウィッグって暑くないの?

素朴な疑問!夏に医療ウィッグって暑くないの?

病気やケガの治療による脱毛や、頭皮の傷をカバーするために用いられる医療向けウィッグですが、夏場は暑かったり、蒸れたりするのではないかと気になるという方もいらっしゃるでしょう。

ここでは、医療向けウィッグで感じる暑さ、蒸れ対策についてご説明していきます。

医療向けウィッグとファッション用のウィッグはどちらが暑い?

医療向けウィッグと聞くと、ファッション用のものよりも、通気性を重視して毛量が少なく作られているというイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実は医療向けの場合、地肌が透けないようにするために、一般的なファッション用ウィッグよりも毛量を多くして作られていることが多いのです。

もちろん、快適に過ごせるよう配慮はされていますが、夏場の着用時は、暑さや蒸れなどを感じやすいため、しっかりと対策をとっておく必要があるでしょう。

暑さ対策をしないとどうなる?

通常、頭皮がかいた汗は髪の毛が吸収したり、外気によって乾燥したりすることで、それほど深刻な不快さを感じることはありません。

しかし、ウィッグを着用しているときは、頭皮にフタをしているような状態になるため、汗が乾燥しにくく、不快感を覚えてしまいやすいのです。

また、ウィッグによって蒸れた状態のまま汗が放置されてしまうと、不衛生な状態になりやすく、頭皮が炎症を起こす恐れもあります。

病気やケガの治療中は、ただでさえ免疫力が低下しているケースが多いので、余分な疾患を併発してしまわないように、対策をとることが大切です。

暑さと蒸れを解消する「メゾクールキャップ」

暑さや蒸れを解消する手段としては、ウィッグの下に、暑さ対策用のキャップを着用するのが一般的です。

中でもおすすめなのが、JIS企画適合し、伸縮性やフィット感を重視して作られた医療用アイテム「メゾクールキャップ」です。

メゾクールキャップには、羽毛の少ない糸が使われており、通気性が良く、熱をしっかりと吸収する作りになっています。

さらに、水分を吸収すると糸が広がり、通気性が改善され熱を下げるシステムになっていたり、吸熱性が高い「エリスリトール」を配合したりすることで、優れた冷却効果を実現しているのです。

医療向けウィッグは、治療中の方にとって無くてはならないものですが、使用することによって暑さや蒸れに悩まされるのもまた事実。

しかし、メゾクールキャップを併用することで、快適にウィッグを使用することが可能となります。

快適性を保つだけでなく、頭皮の健康を維持するためにも役立つアイテムなので、ウィッグを購入する際には、ぜひ併せて購入してみてください。

メゾクールキャップの詳しい情報はこちら