> > > 目指せ小顔!ウィッグの髪型を工夫しよう

Column

お役立ちコラム

目指せ小顔!ウィッグの髪型を工夫しよう

目指せ小顔!ウィッグの髪型を工夫しよう

今や多くの人が楽しんでいるウィッグのお洒落。

抜け毛や白髪の悩みを抱えるミセス層の心強い味方です。

上手に活用すれば、コンプレックスをカバーし、若々しく上品な印象を与えてくれます。

ただし、ウィッグ選びに失敗すると、顔が大きく見えてしまうのが注意点。

小顔に見せるウィッグ選びのポイントを覚えて、小顔美人を目指しましょう。

王道は顔の面積を減らすこと

前髪を作るのは顔を小さく見せるための王道です。

顔が出ている面積がせまければせまい程、顔を小さく引き締まって引き締めて見せてくれます。

最も小顔効果が期待できるのは、真っ直ぐにそろったぱっつん前髪ではありますが、中には抵抗を感じる方も多いはずのではないでしょうか。

そんな方には、斜めに流したスタイルや抜け感がある軽めの前髪がおすすめです。

額が見える面積が狭くなるとあどけない印象を与えやすくなるため、若返り効果もが期待できるはずます。

小さな顔で大人可愛い印象を与えたいなら、前髪を重視してウィッグ選びをしてみましょう。

大きめの内巻きカール、レイヤーで顔周りをカバー

小顔効果を出すために、頬からあごにかけてのUラインを隠すのもポイントの1つ。

あごをシャープに見せるのに適したスタイルは、内巻きのカールもしくはレイヤーが入ったボブラインです。

カールがついたスタイルは、膨張するようにも感じますが、全体的なボリュームを出すことで相対的に顔を引き締めて見せる効果があります。

中でもゆったりとした大きめのカールがおすすめです。

このスタイルであれば大人の女性に必須の上品さを残すことができておすすめです。

レイヤーをいれたボブは、面長をカバーするのに適した髪型。

顔の長さが気になる女性に好まれています。

地毛ではボリューム不足で難しいスタイルも、ウィッグなら自由自在。

自分にあったスタイルで、憧れの小さな顔を手にいれましょう。

多すぎず少なすぎずのボリュームを

どんなスタイルを選んでも、毛の量が頭に合っていないと顔の大きさをカバーするのが難しくなります。

例えば、ボリュームが多すぎるとウィッグ部分が浮いてしまい、頭のサイズを大きく見せる原因になってしまいます。

逆に少なすぎる場合には、地毛となじまず輪郭のカバー効果が得られないばかりか、いかにもウィッグを付けている感が出てしまうのが難点。

ウィッグで自然な小顔を目指したいなら、多すぎず少なすぎずのボリュームのものを選ぶようにしましょう。

もし、試着が可能な店舗で購入するならば、違和感が出やすいトップと襟足部分に注意しつつ、ウィッグの毛量を確かめてください。

通販サイトを利用するならカスタマーセンターを利用して、どれが自分に合うのかアドバイスをもらっても良いでしょう。

自分の顔の形やコンプレックスに感じている部分について相談してみましょう。

また、どうしても自分にしっくりくるウィッグがどうしても見つからない場合には、オーダーメイドをしてみてください。

ややお値段が張りますが、自然で希望のイメージに合ったものが手に入るはずです。

上手に使用することで小顔効果をアップさせたり、華やかな印象を持たせることが魅力のウィッグ。

自分にぴったりのウィッグを見つければ、自分に自信が持てるようになるはずです。

ぜひ一度自分に合ったものを探してみてくださいね。