Column

お役立ちコラム

白髪染めの評判とは

白髪染めの評判とは

生え際のところどころに白く光る毛を発見すると気になりますよね。

しかし、昨今では、自宅で手軽にできる白髪染め商品が多く販売されています。

そこで今回は、どういったタイプの白髪染めがあるのか、そのメリット、デメリットなどをご紹介します。

白髪染めのタイプ別メリット、デメリット

白髪染めにはさまざまなタイプがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。

ヘアカラータイプ

ヘアカラータイプのメリットは、メラニン色素を分解して髪を脱色するため、内部からしっかり染められるということ。

2ヵ月程度カラーが持続すると言われており、経済的であると言えます。

デメリットとしては、脱色する分染める力が強く、頭皮へのダメージが心配される点が挙げられます。

繰り返し使用することで地肌が荒れたり、髪がパサつく可能性があります。

マニキュアタイプ

植物性の原料をベースに作られていることが多いマニキュアタイプは、脱色せずに染料を髪に浸透させるため、皮膚への刺激が少なく、髪のダメージが少ない点がメリットだと言えます。

ただし、1ヵ月程度で色落ちしてしまうデメリットがあります。

トリートメントタイプ

トリートメントタイプのメリットは、お風呂などで素手で使用できる手軽さにあります。

また、天然成分をベースに保湿成分などが含まれているものが多く、脱色もしないため、髪の健康を保ちながら染めることが可能です。

さらに、白髪染め独特のにおいが少ないこともメリットだと言えます。

デメリットとしては、毎日使用することで徐々に髪を染めていくタイプなので、白髪が目立たなくなるまでに時間がかかる点が挙げられます。

白髪の割合が多い場合には、あまりおすすめできないタイプだと言えます。

自分に合ったタイプを選ぶことが大切

白髪染めには、クリームタイプや泡タイプ、スプレータイプ、コーム一体タイプなど、さまざまなものがあります。

さらに、前髪部分や生え際などの一部のみを染めたい方には、保存可能タイプがおすすめです。

販売されている商品数が多すぎてどれを選べばいいのか分からない人は、口コミサイトなどで各商品の評判などをチェックすると良いでしょう。

自宅で手軽に白髪染めできる商品は、自分一人でも十分に使用可能ですが、鏡で見ることが難しい後頭部などは、ご主人やお子さんに手伝ってもらうことをおすすめします。

もし、家族に白髪染めを知られることに抵抗がある場合は、家族が外出している昼間などにお風呂場で行い、よく換気をするとよいでしょう。

しかし白髪染めをした髪は、伸びてきた部分がどうしても目立ってしまいます。

定期的に染めることが面倒な方は、ウィッグの着用をおすすめします。

マリブウィッグでは、頭全体を覆うフルウィッグはもちろん、前髪部分だけのポイントウィッグも多数販売しております。

白髪が気になる部分のみにウィッグを着用することもできますので、是非一度お試しください。