> > > 普通のウィッグと何が違う?医療向けウィッグの特徴とは

Column

お役立ちコラム

普通のウィッグと何が違う?医療向けウィッグの特徴とは

普通のウィッグと何が違う?医療向けウィッグの特徴とは

医療向けウィッグは、抗がん剤治療や脱毛症などでウィッグを必要としている方のために開発されました。

デリケートな頭皮や毛根を保護し感染症などのトラブルを予防する素材を用いるなど、脱毛によるショックやストレスを軽減させるよう配慮が施されています。

通常のファッションウィッグや部分ウィッグとは異なり、頭皮から直接髪が生えているような自然な色艶が再現されているも特徴の一つです。

医療向けウィッグとその他のウィッグとの違い

医療向けウィッグには、ファッションや部分など、ほかのタイプのウィッグでは得られないたくさんのメリットがあります。

医療向けウィッグの最も大きな特徴の一つに、頭皮に対する安全性が挙げられます。

特に、抗がん剤治療の副作用などで髪の毛を失う方が使用するウィッグは、頭皮へのダメージを最小限に止め毛根再生を促すものでなければなりません。

医療向けウィッグに採用される人工肌やウィッグキャップには、汗蒸れや化学繊維による刺激に弱くなりがちな頭皮を保護し、感染症や毛根への過剰な負担を軽減させる素材が採用されているので安心して装着することができます。

また、自由におしゃれを楽しむことにより心の「癒やし」を得ることができます。

医療向けウィッグでは、人毛や耐熱ファイバーを用いることによりコテやアイロンでのカールアレンジも可能です。

さらに、人工肌を採用することにより地肌が見えにくく、分け目やつむじが強調される心配もありません。

ウィッグを装着していることを気付かれないほどの自然な仕上がりから、ウィッグを「隠す」ためのものではなく、「見せるおしゃれ」の一つとしていろいろなスタイルに挑戦する方も増えているようです。

マリブウィッグ医療向けの特徴

医療向けウィッグは、大量生産が可能なほかのウィッグに比べ高価な上に種類が限られているというイメージから、利用を迷う方も少なくありません。

マリブウィッグの医療向けウィッグは、何かと出費がかさむ病気治療中でも安心して利用できるよう「高品質・お手ごろ価格」を実現しています。

店舗で直接選ぶ以外にも、入院先の病院に専門のアドバイザーを派遣することにより、デリケートな相談にもプライバシーに配慮した対応を徹底しています。
※地域や病院側の条件により派遣が難しい事がございます。

スタイル、カラーともにバリエーションが豊富に揃えられていますので、おしゃれをする楽しみも広がるでしょう。

マリブウィッグでは、医療向けウィッグを安心して装着するためのアフターサービスも充実しています。

病気の治療中、毛髪量の変化やウィッグのゆるみが生じた場合は何回でも調整できますし、好みのスタイルに合わせたカットやカラーリング、メッシュなどのアレンジも可能です。

医療向けウィッグは、その機能性や安全性はもちろんのこと、おしゃれも楽しめるため病気治療中に落ち込みがちな気分を明るく前向きにする力があります。

医療向けウィッグをきっかけに、今までにないスタイルを楽しむことができるかもしれません。

抗がん剤治療をこれから始めるご予定の方、脱毛症でお悩みの方にはぜひ、マリブウィッグの医療向けウィッグをお選びになってはいかがでしょうか。