> > > 小顔に見せる医療向けウィッグ選びのコツとは?

Column

お役立ちコラム

小顔に見せる医療向けウィッグ選びのコツとは?

小顔に見せる医療向けウィッグ選びのコツとは?

いつどんなときでも「綺麗でありたい」というのは、女性ならば誰しもが思うことでしょう。

そしてそれは、病気の治療中の方も決して例外ではありません。

抗がん剤を使った治療中でもできるおしゃれアイテムと言えば、医療向けウィッグが挙げられますが、選び方次第では、すっきりとした小顔に見せることも可能です。

こちらでは、実際に小顔に見せるウィッグの選び方をご紹介していきましょう。

まずは小顔に見せるためのヘアスタイルを知ろう

ヘアスタイルは、小顔効果に大きな影響を与えます。

まずは、どんなヘアスタイルならば小顔に見えるのか、それをよく知っておきましょう。

小顔に見せるヘアスタイルの基本となるのが、顔の輪郭を包み込むような形を意識するということです。

髪の毛を使って輪郭を隠すことで、顔が小さく見えるようになるのです。

また、眉の下あたりで前髪を揃えて、おでこを隠すというのもポイントです。

顔の面積を髪の毛で覆うことによって、露出部分を少なくして小顔効果をアップさせます。

これらを意識して、全体的な顔のシルエットをひし形やたまご型に近づけるようにすると、すっきりとした小顔を生むヘアスタイルが完成します。

医療向けウィッグを使えば小顔がすぐに作れる?

実際に小顔効果のあるヘアスタイルを実践しようと思っても、現在の髪型によっては髪を伸ばす必要が出てくるため、時間がかかってしまうかもしれません。

治療中の方であれば、髪を伸ばしたくても伸ばせないという方も多いでしょう。

そんなときに活用したいのが、医療向けウィッグです。

医療向けウィッグがあれば、髪の毛が伸びるのを待たずに、自分好みのヘアスタイルにすることが可能。

小顔効果の条件を満たしたヘアスタイルのものを選べば、手軽に小顔を作ることができるでしょう。

小顔効果がある医療向けウィッグを選ぶときのチェックポイント

医療向けウィッグを利用する際、大抵の場合は自分の顔の形に合わせて、ある程度アレンジをすることが必要になります。

そのため、アイロンやコテなどでアレンジができる素材のウィッグを選ぶことをおすすめします。

この場合にチョイスしたいのは、耐熱人毛ミックスのウィッグです。

耐熱人毛ミックスのウィッグはスタイリングがしやすく、アイロンやコテの熱にも耐えられるため、自分の好きなように幅広いアレンジを加えることができるでしょう。

ウィッグを必要とする方の中には、抗がん剤による治療を受けている人も多いでしょう。

自在にヘアアレンジできる耐熱人毛ミックスのウィッグを利用すれば、小顔効果を得られることはもちろん、さまざまなヘアスタイルを試すことができるため、おしゃれを楽しむことができます。

今回ご紹介したポイントを参考に、小顔効果がある医療向けウィッグを購入またはレンタルすることを、検討してみてください。