> > > 不自然に見えないためのウィッグのつけ方とは?

Column

お役立ちコラム

不自然に見えないためのウィッグのつけ方とは?

不自然に見えないためのウィッグのつけ方とは?

ウィッグを使う時にもっとも気を使うのが、“自然に見えるか”ということです。

せっかく買ったウィッグが、つけたときに不自然さが際立つようでは意味がありません。

ここでは不自然に見せないための付け方をいくつかご紹介していきましょう。

フルウィッグの付け方

頭全体を覆うフルタイプは、生え際の位置をしっかりと合わせることがポイントです。

①付属のウィッグネットを頭からかぶり首まで通します。
地毛が多い場合にはひとつに束ねておくと良いでしょう。

②ウィッグネットをヘアバンドのように髪の生え際まであげます(ゴムの太い方が額側)。
束ねていた地毛をネットの中にまとめ、ネットの先をピンで止めます。

③ウィッグの前髪の生え際と自分の生え際を合わせるようにして、前から後ろに向かってかぶります。
生え際を片手でしっかりと押さえて、反対の手で後ろへぐっと引っ張ると深くかぶることが出来ます。

このとき、ウィッグの左右にある固い装着部分をこめかみに合わせることが大切です。

④位置が決まったら、ブラシや手櫛で丁寧に髪を整えてスタイリングをします。
「地毛」、「ウィッグネット」、「ウィッグの毛」の3つをまとめてピンで止めましょう。

ハーフウィッグの付け方

自分の髪をベースに後ろ半分に取り付けるハーフタイプは、地毛とウィッグとの境目をしっかりと馴染ませることが自然に見せるためのポイントです。

①地毛が長い場合はひとつに束ねてまとめ、アップスタイルにしておきます。
これが土台となるので、できるだけ平らになるように形を整えましょう。

②自分の前髪の生え際にウィッグのコーム(留め具)をさします。
そのままウィッグから手をはなさずに左右へスライドし、位置を合わせます。

③ウィッグのフロント部分の髪の毛を自分の前髪となじませ、境目をしっかりと隠します。
どうしても境目が気になる場合には、前髪をアップスタイルにして止めることで生え際を隠すことも出来ます。

ポイントウィッグの付け方


部分的に付けるポイントタイプを自然に使うためには、地毛に合ったカラーのウィッグを選ぶことが何よりも大切です。

また位置の決め方によって印象が変わりますので、お好みで色々と試してみると良いでしょう。

①ポイントウィッグを取り付ける部分に地毛で団子を作り土台を作る。

②ウィッグをかぶせる用にして取り付け、ピンで止めます。

シニヨンやアップスタイル用のポイントウィッグは、高い位置に付けると明るく若々しいイメージに、下の方に付けると落ち着いた大人のイメージになるため、TPOに応じて様々なアレンジにチャレンジしてみてください。