Column

お役立ちコラム

ウィッグの臭いをとるには

ウィッグの臭いをとるには

ウィッグのにおいをとるには

頭に着用するウィッグには、さまざまなにおいが付着してしまいます。

嫌なにおいがするウィッグを着用すると、自分自身だけでなく、周囲の人たちにも不快感を与えてしまいます。

そこで今回は、ウィッグのにおいの原因やケア方法などをご紹介します。

においの原因は?

ウィッグのにおいの原因は、タバコや食事をした際の油のにおい、蒸れによる汗のにおいなどが挙げられます。

においの原因は洋服などにつくにおいとほぼ同じだと言えます。

特にファッション用のウィッグは通気性を軽視する傾向にあり、余計に汗のにおいが付きやすいと言えます。

定期的に洗浄をする

ウィッグのにおいをとる基本的な方法は、定期的に洗浄することです。

人毛の場合は、市販のシャンプーやリンスを使い、人工毛やミックス毛の場合は専用のシャンプーやリンスを使うことが多いようです。

ウィッグの購入時に、どういったものが最適かを必ず確認してください。

ウィッグの洗浄方法は以下の通りです。

①ウィッグを専用ブラシで軽くブラッシングして、からみやもつれを取ります。

この時に強くブラッシングしないよう、気を付けてください。

ウィッグ専用スプレーなどをかけてからブラッシングすると、より良いでしょう。

②洗面器などに溜めた水にシャンプーを溶かし、ウィッグを浸します。5分から10分ほどつけ置きします。

その後、人毛は毛先から根元に向かってとかすように洗っていきます。人工毛やミックス毛は、軽く押し洗いをします。

③シャンプーを流したら、水にリンスを溶かしてその中にくぐらせます。

人毛はシャンプーをした時と同じように、とかすようにすすいでいきます。

人工毛とミックス毛は、リンス後の洗い流しは不要です。

④人毛はタオルドライをします。

半乾きになったら、ウィッグ用のスタンドに置き、ドライヤーなどでスタイリングします。

人工毛の場合は陰干しし、完全に乾いたら、ウィッグ専用スプレーをかけて、ブラシで整えます。

ミックス毛の場合はウィッグスタンドに置き、専用ブラシで軽くブラッシングしながらスタイルを整えます。

完全に乾いたら、ウィッグ専用スプレーをし、専用ブラシでとかします。

毎日のお手入れは専用のスプレーで

ウィッグの洗浄は、毎日行うのではなく7~10日に一度を目安に行うと良いでしょう。

あまり洗いすぎると、ウィッグが痛みやすくなります。

洗浄しない日はウィッグ専用の消臭スプレーを使うことをおすすめします。

ウィッグの使用後はスプレーでケアすることを習慣づけるとよいでしょう。

ウィッグを長く使用するためには、においのケアが必要不可欠です。

マリブウィッグでは、通気性のよい独自素材「メゾクール」を使用したウィッグを多数販売しております。

蒸れを抑える効果が期待できますので、汗によるにおいが気になる方におすすめですぜひお試しください。