Column

お役立ちコラム

ウィッグの耐熱性について

ウィッグの耐熱性について

ウィッグの耐熱性は、素材によって異なります。

ドライヤーをかけても大丈夫なのか、ウィッグを装着したままお風呂に入っても大丈夫なのか、といったことを知っておかないと、すぐに劣化してしまうことになります。

ウィッグの素材にはさまざまなものがあるため、覚えておきましょう。

人毛とファイバーの特徴

ウィッグの素材には人毛とファイバー(人工毛)があります。

人毛の大きなメリットは見た目が自然であることです。

光沢や髪質が自毛と変わらないので、仕上がりも自然で見た目にも分かりません。

また、耐熱性もある程度高く、ドライヤーをかけることもできます。

デメリットとしては、乾きにくく湿度でセットが崩れやすい、値段が高い、ということが挙げられます。

ファイバーは人毛に比べると、質感や光沢などが不自然に見えることがありますが、近年では非常に人毛に近いファイバーも増えてきています。

乾きやすく、セットもしやすいのでメンテナンスも簡単です。

値段が安いというメリットもありますが、耐熱性が低く熱を加えると劣化しやすいのがデメリットです。

熱に強い耐熱ファイバーとは?

通常のファイバーを使用したウィッグは、熱に弱いという特徴を持ちます。

一般的にファイバーの耐熱温度は100度であり、サウナなどに入ると形状を維持することができません。

ヘルメットを長時間被っていると、ウィッグの形状が崩れることがあります。

もちろん、ドライヤーも使うことができません。

そんな中、「耐熱ファイバー」が開発されました。

耐熱ファイバーは180度までの熱に耐えることができます。

ものによって150度、200度など差がありますが、これだけの耐熱性があれば、サウナや岩盤浴にも入れますし、ドライヤーやホットカーラーを使うこともできます。

ファイバーには種類がある

ファイバーをおおまかに分類すると次のように分けられます。

カネカロンファイバー

耐熱温度は100~120度で、高温に弱くドライヤーをかけると形状が崩れやすいです。

静電気には強く、毛が縮れにくいのが特徴。

高耐熱ファイバー

耐熱温度は140~180度であり、ドライヤーやサウナよって形状が崩れにくいです。

高温には強いですが、静電気によって毛が縮れてしまうことがあります。

新開発ファイバー

耐熱温度は130~160度で、静電気にも強いのが特徴です。

手触りも人毛に近く、見た目も自然でセットが簡単にできる、という特徴があります。

ドライヤーを使用する際の注意点

人毛や耐熱ファイバーはドライヤーを使うことが可能ですが、使い方によっては切れ毛や退色など、劣化につながることもありますので、使い方には注意が必要です。

ドライヤーを使用する際には1点に集中して温風を当てるのは避け、髪から10cm以上離し、熱を拡散させながら使うようにしましょう。

長時間の使用も劣化につながります。

トリートメント効果のあるスタイリング剤を使用すると、劣化対策になるので試してみてください。