> > > ウィッグの基本的なお手入れ方法とは

Column

お役立ちコラム

ウィッグの基本的なお手入れ方法とは

ウィッグの基本的なお手入れ方法とは

ウィッグは毛質の種類によってお手入れの方法が異なります。

お気に入りを、出来るだけ良い状態で長持ちさせるためにも、正しい方法でお手入れや保管をしましょう。

人毛ウィッグのお手入れ方法について

【洗い方】
①シャンプー前に毛のほつれや汚れをブラシなどで丁寧に落とします。

②洗面器にはった水またはぬるま湯に、人毛ミックス用シャンプーを入れて泡立て、ブラシなどで髪をとかしながら洗います。

③流水でシャンプーを毛先→中間→頭頂部の順で丁寧に流します。

④人毛ミックス用トリートメントをクシなどで馴染ませた後に、軽くすすぎます。

【乾燥の方法】
乾いたタオルでウィッグをくるみ、軽く押さえながら水気をとります。

半乾きの状態でスタイルを整えたら、ドライヤーなどは使わずに自然乾燥します。

人工的な地肌の付いたものは水分がついたまま放置するとカビや傷みの原因になることもありますので、しっかりと水分を取り除くようにしましょう。

ファイバーウィッグのお手入れ方法について


【洗い方】
①シャンプーの前に髪のほつれや汚れなどをとるために、しっかりとブラッシングをします。

②洗面器にはった水に、ウィッグ専用のシャンプーを入れて泡立て、指先で軽く押し洗いをします。
その後、流水で丁寧にシャンプーを洗い流します。

③ウィッグ専用のリンスを入れた水に、ウィッグを浸けます。リンスの洗い流しは不要です。

【乾燥の方法】
乾いたタオルでウィッグを包むようにして軽く押さえます。

水分をしっかりと取ったら、室内で自然乾燥させます。

乾燥後は軽くブラッシングをするなどしてスタイリングしましょう。

その際に、毛先から毛の流れを順番に整えていくときれいに仕上がります。

濡れている状態でブラッシングをすると、パーマなどの癖が伸びてしまう恐れがあるので、しっかりと乾いてからスタイリングするようにしましょう。

耐熱ファイバーウィッグのお手入れ方法について

【洗い方】
①シャンプー前に毛のほつれや汚れをブラッシングで丁寧に落とします。

②洗面器にはったぬるま湯に、ウィッグ専用のシャンプーを入れて泡立て、ウィッグを入れます。

③ブラシや手で丁寧に溶かしながら汚れを落としていきます。

④専用のリンスを溶かした水にウィッグを入れ2,3分浸します。リンス後の洗い流しは不要です。

【乾燥の方法】
乾いたタオルでウィッグを包むようにして軽く押さえます。

水分をしっかりと取ったら、室内で自然乾燥させます。

乾燥後は軽くブラッシングをするなどしてスタイリングしましょう。

その際に、毛先から毛の流れを順番に整えていくときれいに仕上がります。

濡れている状態でブラッシングをすると、パーマなどの癖が伸びてしまう恐れがあるので、しっかりと乾いてからスタイリングするようにしましょう。

人毛ミックスウィッグのお手入れ方法について

【洗い方】
①シャンプーの前にブラッシングをして髪の汚れやほつれを丁寧に落とす。

②洗面器にはった水に、人毛ミックス用のシャンプーを入れて泡立てたところにウィッグを入れます。
(ぬるま湯は使わないでください)

③ブラシもしくは指で毛先から洗っていき、流水ですすぎます。

④人毛ミックス用のリンスを溶かした水に2,3分浸して、軽くすすぎます。

【乾燥の方法】
乾いたタオルで軽く押さえるようにして水気を拭いていきます。

ウィッグ専用のスタンドにのせて、自然乾燥させましょう。

半乾きの状態でブラッシングをしてスタイリングを整えてから、室内で自然乾燥させます。

保管方法について


ウィッグは直射日光に当てていると、色があせてしまったり毛が傷んだりする原因になりますので、必ず日の当たらない場所で保管するようにしましょう。

また形崩れをすると、ウィッグをつけた時に違和感が出てしまう場合もありますので、使わない時には専用のスタンドにのせて保管するようにしましょう。

マリブウィッグでは、ウィッグ専用スタンドも取り扱っておりますので、ぜひご利用くださいませ。