> > > あなたの生活は大丈夫?薄毛を引き起こす生活習慣とは

Column

お役立ちコラム

あなたの生活は大丈夫?薄毛を引き起こす生活習慣とは

あなたの生活は大丈夫? 薄毛を引き起こす生活習慣とは

薄毛の原因は、さまざまなケースがあるものの、中でも「生活習慣の乱れ」は代表的な例です。

生活習慣が乱れていると、髪の毛に大きなダメージを及ぼし、加齢による薄毛の症状が起こる前から、薄毛を引き起こしてしまう可能性があります。

では、実際にどういった生活習慣が、髪の毛に対して悪影響を与えるのでしょうか。

ここでは、薄毛を引き起こす生活習慣について考えていきましょう。

薄毛を引き起こしてしまう生活習慣の代表例

ひと口に生活習慣の乱れと言っても、実にたくさんの事例が考えられます。

ここではその中でも、特に薄毛の原因になりやすい例を項目別に紹介していきます。

睡眠不足や不規則な生活

髪の毛は、日中の紫外線や汚れた外気などによって、絶えずダメージを受けています。

そして、そのダメージを回復するためには、十分な睡眠が必要不可欠です。

また、不規則な生活は新陳代謝を悪化させ、髪の毛へ栄養分が行き渡りづらくなってしまうので、規則正しい生活を送ることが重要になります。

ストレスを感じやすい環境

人間の体はストレスを感じると、女性ホルモンのバランスが崩れると言われています。

女性ホルモンの分泌が低下すると、髪の毛の成長を促進することができなくなり、薄毛を引き起こす原因となってしまいます。

そのほかにも、抜け毛の原因とされる自己免疫疾患が起きる引き金となってしまうこともあるため、できる限りストレスを感じないように努めなければいけません。

食生活の乱れ

過度な塩分や脂っこい食事なども、髪の毛には大敵です。

摂取する栄養分が偏ってしまい、充分な栄養分が髪の毛に行き渡らなくなったり、頭皮が皮脂を過剰に分泌したりする原因となりかねません。

バランスの良い食事を心掛け、日々の生活から改善を目指しましょう。

過度な喫煙

過度な喫煙は、血行不良の原因となります。

これは、タバコに含まれるニコチンを始めとする物質が原因で、血管が収縮して血流が悪くなるためです。

血行不良になることで髪の毛の栄養不足に繋がるため、健康を考えた上でも過度な喫煙は控えたほうが良いでしょう。

しっかりと毛髪ケアをして薄毛を抑制しよう

薄毛の原因は、生活習慣ばかりではありません。

毎日の毛髪ケアが、髪の毛に大きな影響を及ぼします。

毛髪ケアの中でも、特に注意したいのがシャンプー後のすすぎです。

シャンプーの成分が髪の毛に残ったままでは、頭皮や毛穴が汚れて菌が繁殖。

炎症を起こし、健康な育毛が難しくなってしまいます。

余剰成分を残さないよう意識して、シャンプー後はきちんとすすぐようにしてください。

また、濡れた髪のままで寝てしまったり、長時間放置したりするのも良くありません。

湿った状態の頭皮と髪の毛を枕に密着させると、雑菌が繁殖しやすくなります。

さらに、間違った認識をされている方も多いですが、お風呂上がりに濡れた髪を放置すると、髪の毛はとても傷んでしまいます。

これは、髪が濡れた状態でいることで、髪の毛を覆うキューティクルが剥がれやすくなり、ダメージを受けやすくなってしまうためです。

お風呂上がりには、ドライヤーで湿気がなくなるまできちんと乾かすように心掛けましょう。

以上のことに気を配った生活を送れば、髪の毛の状態はかなり健康的になるはずです。

薄毛が気になり始めている方、将来髪の毛の状態が不安な方は、上記の内容を参考にして、日々の生活習慣を改善するように努めてください。

また、最後に紹介した通り、毛髪ケアも薄毛対策に繋がる大切な要素なので、日常的な取り組みを欠かすことのないようにし、薄毛の原因を根本から取り除いていきましょう。